本文へスキップ

iPhone修理【高田馬場駅徒歩30秒】画面(ガラス)割れ修理交換・水没故障修理・バッテリー交換は東京都新宿区高田馬場アイフォンドクター高田馬場店へ|格安

電話でのお問い合わせは03-6302-1991

〒169-0075 東京都新宿区高田馬場2-19-7

近接センサー修理


iPhone修理の中でも少なくない近接センサーi修理。
しかし、聞きなれない言葉かもしれません。近接センサーとは様々な産業機械にも使用され、種類も何万とあります。

iPhoneの中に搭載されている近接センサーは、通話中にiPhone液晶画面が自分の顔や耳に触れてしまうと誤作動を起こしてしまうため、画面が顔に接近したら液晶画面が消えるようにするため、この近接センサーは内臓されております。
落下させ、画面にヒビが入った後。自分で修理した後などに『勝手にスピーカー機能が働いたり、消音になったりするのは、この近接センサーが正常に作動しなくなったためと推測されます。
iPhone4発売以来、このような症状が多く発生しましたが、本体交換やソフトウェアによる対策で何とかAppleは不具合を乗り切ってまいりました。後期に発売されたの機種はセンサーに加工が施され、ある程度の不具合は収まったように思われます。

しかし、落下による画面の破損や衝撃が加わるとどうしても、この近接センサーの不具合は発生してしまいます。
衝撃が加わると、心臓部である基盤(マザーボード)のチップが不安定となり、時間の経過とともに、様々な不具合を誘発してしまいます。センサーだけに限らす液晶やカメラにも当然影響が現れます。

センサーに限っていえば、iPhoneの生産時期や本体が白か黒か、センサーの加工方法によって調整内容がだいぶ変わってきます。ただ単にパネルを交換すれば解消するといったものではなく、特に正規品でない非正規品のパネルを新たに交換しても症状が変わらない場合もございます。


お問い合わせ・修理のご予約はこちらをクリック願います。


                          このページの先頭へ