本文へスキップ

iPhone修理【高田馬場駅徒歩30秒】画面(ガラス)割れ修理交換・水没故障修理・バッテリー交換は東京都新宿区高田馬場アイフォンドクター高田馬場店へ|格安

電話でのお問い合わせは03-6302-1991

〒169-0075 東京都新宿区高田馬場2-19-7

画面のタッチ操作が出来ない



iPhone修理の中でも意外に多いのがこのタッチ操作の不具合。
画面で押せないアプリがあるな。キーボードで押せない文字があるな。など経験された方もいるかもしれません。
操作の不具合の原因は様々ですが、浸水水没のよる部品の接触不良からソフトウェアバグ。そして一番多いのが下に落としてしまった後からおかしくなったと訴える方が多いです。その衝撃によりタッチパネルが操作できなくなった方がほとんどを占めます。

厄介なデジタイザー。
iPhoneのフロントパネルは、ガラス+デジタイザ+液晶の三層構造になっております。この中間にあるデジタイザがタッチを感知し、流れるような操作を可能にしております。実はこれが厄介な代物な訳です。あなたのお知り合いや電車の中で画面がバリバリにヒビが入ったiPhoneを使っている人を見かけたことはありませんか?あんな状態でよく使えるな、と思ったことがある方もいらっしゃると思います。あれはまだガラスのみの損傷で、幸いデジタイザまでに損傷が及んでいないから、操作ができるのでしょう。デジタイザに小さな蜘蛛の巣状の傷が入ってしまえば、操作は思うようにいきません。iPhoneにとっては致命的な損傷となるわけです。パスコード入力もままならなくなる場合もあります。
こうなるととにかく早めのパネル(画面)の修理交換が必要になってくるでしょう。万が一、データが取り出せなくなってからでは遅いのです。

全く下に落とした覚えがない。といった方にもタッチがきかない部分があるな。といった場合もございます。
原因として考えられるのは、本体内の基盤から端子が外れているもしくは外れかかっていることに起因する場合があります。iPhoneの様々なパーツの端子は簡単には外れないようになっていますが、経年劣化や内部結露、iPhone自体の個体差(同機種でも寸分たがわず同じではない)の問題などから、タッチの不具合が生じる場合があります。
パネル(画面)の
タッチ操作の不具合に関しては、新しいものに交換してしまえば、ほぼ解決するものと思って良いでしょう。


お問い合わせ・修理のご予約はこちらをクリック願います。
 
                           このページの先頭へ